水泳ダイエットで距離はどのくらい泳げばいい?

MENU

水泳ダイエットで距離はどのくらい泳げばいい?

 

水泳ダイエットは距離に換算すると
1回でどのくらい泳げば良いのでしょうか?

 

気になった方もいると思います。

 

実際、水泳ダイエットは泳いだ距離よりも
泳いだ時間の方が重要で、
距離はそんなに気にしなくても良いのです。

 

 

スポンサーリンク

 

泳ぐのが苦手という方、
水泳ダイエットを始めたばかりという方は
25m×3往復位の距離(あくまで目安ですが)をゆっくり、
無理なく泳いでみてください。

 

 

 

急に1km〜2kmも泳いでしまうと体がビックリしてしまいます。

 

ジョギングやランニングもそうですよね。
いきなり何キロも走ると苦しくなります。

 

体を慣らすためにも最初は余裕を持った距離を
ゆっくり泳ぐことがポイントとなります。

 

 

それでも自分に合った距離を知りたいという方は、
水泳ダイエット用のアプリなどを利用してみると良いでしょう。

 

 

泳ぐのに慣れたら距離を伸ばそう!

 

泳ぐのに慣れてきたら、ドンドン距離を延ばしてみましょう。
25m×5往復、8往復、10往復と無理のないペースで延ばしていきます。
ある程度延ばしたらあとはその距離をキープして泳ぎ続けてください。
水泳のアスリートのように何kmも泳ぐ必要はありません。

 

 

むしろ、激しく泳ぐと筋トレ効果の方が高くなり、
効率よくダイエットすることができなくなります。
泳ぐスタイルはクロールが一番消費カロリーが高いですが、
何往復もノンストップでクロールするのは辛いですよね。

 

 

そういう時は、25m×1往復クロールして、
もう1往復は水中ウォーキング、
またクロールと交互にダイエットするのもオススメです。
平泳ぎや背泳ぎでもOK!

 

スポンサーリンク

 

泳げない人は水中ウォーキングをしよう

 

 

水泳ダイエットしたいけど泳げないという方は
水中をウォーキングするだけでも構いません。

 

 

距離に換算すると最初は50m〜100m位でしょうか。

 

 

水中ウォーキングも慣れてきたら、
ドンドン距離を延ばしていきましょう。

 

 

水中を歩くだけでも
かなりのカロリーを消費できて、
筋肉も付きます。

 

 

目安として距離に置き換えて説明しましたが、
時間だと30分〜1時間が理想的です。

 

 

水泳は水圧や浮力によって、
腰・膝・心臓への負担が軽いと言われています。

 

 

高齢者の方や足腰が弱い方でも気軽に始められるので
幅広い世代が挑戦できるダイエットと言えます。

 

また、酵素ドリンクなどもダイエット、美容
健康にも良いのでぜひ挑戦してみてください♪

 


運動は覚悟がなければ続きません。


もっと楽して痩せたいという方のために、
簡単に痩せる方法をシェアしておきますね♪


「楽して痩せたい」という人はこちら
↓↓↓
⇒楽しく簡単にダイエットをする

 

水泳ダイエットの記事一覧に戻る

 

スポンサーリンク